青天井と対面式

自称マイナーな人生・趣向で生きてきたブログ。現在デザイン各種調整中!

20180122192050

ネタ被りでもそれはそれで味があるのでは?

どうも、芝柳 薫です!最近ブログについての興味が尽きません。

色々見て回って自分のブログに条件を当てはめるのが楽しいです(笑)

 

f:id:shibayanagi:20180213160136p:plain

 

皆さんはブログのネタはどうやって書いてますか?私は思いついたものを日々メモしたり、あらかじめ書きたいテーマを絞ったりしています。大半は思いつきですが。

 

その思いつきなんですが「よし!◯◯ってなんだろう、いっちょ書いてみるか!」派と「◯◯ってなんだろう・・・調べてから書こうかな」というのでは大きく意味が異なります。

どちらも悪くないやり方なのでどちらが正しいとは言えません。

 

 

ふと考えてみたのですが、過去に意味の似た二つの言葉を比較して自分の考えを書こうとした事があったんです。

でも調べてみると、既にその話題を取り上げてるブログに辿り着いてしまい、尚且つ書いてある事が自分以上に深くて納得してしまいました。そうしてそのネタを書くのを止めてしまいました。

 

あとになって思うと惜しい事をしたな・・・調べなければ良かったな・・・とちょっと後悔しました。実際の意味に基づいた記事を書く為に調べるのは良い事です。

でも自分と似た話題だから・既に書かれたネタだからといって書かないのは実にもったいないな、とあとで思ったのです。

 

f:id:shibayanagi:20180213162444p:plain

 

もし流行りの話題でネタが被ったとしても、そこには他の人には意見・解釈があるかも知れないのです。被っても自分が書かなければ読者に届かないネタだったかも知れない訳です。

 

この読者に届かない、とは「◯◯さんが教えてくれなかったら気付かなかった」という相手側の気付きの事です。

話題のニュースで何度もブログランキングが彩られるように、新鮮味がないとか既に相手と同じだからといって自分が身を引く必要などなかったんです・・・!!

 

f:id:shibayanagi:20180213163227p:plain

 

さっきからお寿司の画像ばっかり貼ってますが、例えるなら食べ物屋さんでもそうです。

 

「同じチェーン店なのに本店と味が違う」という話を聞いた事はないでしょうか?

 

同じネタ・同じ料理・同じレシピのはずなのに何故か味が違う。店の名前もメニューの名前も違うのにどこか味が違う。

たとえばスープが濃い/薄い・トッピングが多い/少ない・盛り付けの順番が違うなどちょっと極端ですが店によって違いはあるはずです。

 

接客においても全く同じ人間が本店とチェーン店にいる訳ないので多少なりともそういう意味での違いだってあるはずです。私が言いたいのはそういう事です。

 

f:id:shibayanagi:20180213163955p:plain

 

ネタ元の話(ニュース・事実)が本店だとするなら、本店の味を再現しようとするチェーン店(ブログ・SNS)で微妙に風味が違うのは当たり前です。

 

そこには自分なりの意見があるからです。意見や感想=トッピングやお皿の違いになるし、その都度お客さん(読者)に与える影響も違ってくるのです。

 

 

だから思った事は素直に書くべきだし、調べるのも悪くないけれどネタが被っても自分の言葉で伝えられたらOKって事でいいんじゃないかなって。感じ方は千差万別・十人十色ですから。

 

なのであの時諦めたネタも書いてみようかな、って思いました。

言っておきますが全く同じの引用文は駄目ですけどね。一言一句違わないのは他人の寿司を横から取るようなもんですから!!

 

 

・・・ネタに合わせて徹底的に寿司で統一してみました。この趣向楽しいですね!!

食べ物っていう共通点で話題が広がるし、ちょっとした洒落センスですからやってて「隙あらばまたやろう」という気になりました(笑)

 

ここまで読んでくださって有難うございました!!ちなみに私は寿司だと貝が大好物でーす!!