青天井と対面式

自称マイナーな人生・趣向で生きてきたブログ。現在デザイン各種調整中!

20180122192050

私は生卵と牛乳がどうしても食べれない

どうも、芝柳 薫です。今回はタイトル通り生卵と牛乳だけは受け付けないというお話をしたいと思います。

ここでいう"食べれない・飲めない・受け付けない"は好き嫌いの話とは全く別物なのでその点ご理解頂ければ幸いです。

 

f:id:shibayanagi:20180209144612p:plain 

どうしてダメなの?

私は生卵と牛乳には心底警戒しなければいけないな、というのを一人暮らししてからひしひしと感じました。

元々胃が弱い体質で、冷えや食べ過ぎが原因で幼い頃から今まで何度もお腹を壊してきました。今もこの冬の時期冷えが原因でお腹が痛くなったりします。

 

卵も牛乳も本当は好きです。というか私自身あまり食べ物の好き嫌いは人より少ない方だと自負しています。野菜は大好きだし、魚も食べれるし、肉も大好き。強いて言うならレバーが嫌いです。

そんな私が「これだけは勘弁してくれ」と思うのが『生卵』『牛乳』です。

 

何故かというと食べて暫くするとお腹に来るんです。じわじわと。

よく皆さんが朝食の話題であげる『TKG(卵かけご飯)』がありますね。本当は私も好きです。あの醤油と卵のマッチング好きです。

ですが「おいしいおいしい」と食べてから数時間経つか経たないかのうちにお腹がじわぁ~・・・・と痛くなります・・・。しかも厄介なのが即お腹を壊すのではなくじわりじわりとした痛みが何時間も続くことです。

 

少し前。インスタント食品の説明文に『お好みで卵を』と書いてあったので、最近母に言われて1日1個卵を心がけている私は「たまにはいいか」と生卵を乗せてしまいました。

すると食べたのは夜7時過ぎだったのにも関わらず、その日の夜中1~2時ぐらいまでじわじわとお腹が痛くて眠れたものではありません。お腹に何か飼ってるみたいな、お腹の表面をローラーが転がっているような痛みです。

 

f:id:shibayanagi:20180209150057p:plain

 

ローラーと言ってもこういう美顔ローラーみたいな凸凹のあるやつがお腹をゴリゴリゴリゴリ...波打つようにゴロゴロしているそんな感覚です。

 

牛乳を飲んだ場合でもだいたい同じです。特に冷えた牛乳なんか絶対駄目です。数時間しないうちにお腹にきます。

よく体に良いといわれる『ホットミルク』でも放っておけば徐々に冷えてくるせいかお腹を壊します。これは生卵と違って即効でお腹が痛くなるパターンです。やはり頼むからやめてほしいです。

 

卵と牛乳は全部ダメなの?

ここで思われたかも知れませんが「なのに1日1個卵食べてるってどういう事?」という点ですが、あくまで生卵が駄目なのであって加工された卵は大丈夫なんです。

卵焼き・ゆで卵・オムライスなど数々の卵料理がありますがそれらは生でなければ平気です。むしろ大好きです。

最近ゆで卵に特にハマっていて、半熟ではなく固茹でにして食べています。これは半熟より固茹での方が好きという単に好みの話ですが・・・。

 

牛乳でも加工されたスイーツ系(バニラ・生クリーム)は全然大丈夫ですし、乳製品(チーズ・ヨーグルト・バター)も大丈夫です。スイーツ系は大好きです。

 

f:id:shibayanagi:20180209151823p:plain

 

なので卵アレルギー・乳製品アレルギーという訳ではありません。アレルギーなら関わるもの全てになんらかの拒絶反応が出ますからね。

 

 いつからなったの?

記憶のある範囲ですと、学校給食で出された牛乳は平気だった覚えがあります。あれもむしろ好きな方でした。

紙パックの牛乳でなんだか妙に美味しかった記憶があります。家で飲むのより美味しいような(笑)

給食のメニューでなんにでも出ていた記憶があるんです。主食がご飯だろうと、パンだろうと、麺類だろうと飲み物は牛乳。・・・という小学生時代を過ごしましたね。確か。

 

生卵ですが、こちらも小さい頃は平気でしたし私は今も変わらずすき焼きが大好物です。あの黄身とお肉のハーモニーがたまりません。

・・・そういえば学生時代のどこかで、何故か夜中に卵成分がほしくなって冷蔵庫から生卵だけ食べて『やっぱそうでもないな』と確信して寝た覚えがあります。その時は食べても平気だったって事ですよね。何故だか。

 

原因は一体なに?

ここでお待ちかねの原因ですが、生卵と牛乳では少し原因が違うようです。

 

『牛乳』は、牛乳に含まれる糖を消化する「酵素(ラクターゼ)」が少ない・働きが弱いことから起きます。この「酵素」は大人になるにつれ徐々に減少していくからです。

この「酵素」が働かないと、分解されずにいる糖がそのまま大腸に運ばれ多量の水分となって胃を圧迫。それでお腹を壊すという仕組みです。本当厄介ですね。

 

牛乳を飲んでも大丈夫な人は、小さい時から大人になっても牛乳を飲む習慣があるとも言われています。すると「酵素」は弱まることなく働いてくれるので大丈夫なんだとか。

乳製品はこの糖が既に分解された状態である為、食べても問題ないんです。私が乳製品OKな理由はここですね。牛乳が飲めない人は乳製品を摂るか、牛乳を温めて飲むのがオススメなようです。

私はホットミルクでもちょっと怖いので乳製品にしたいところですね・・・。

 

『生卵』は、原因が2つあります。

1つ目は生卵自体消化が悪いからです。加熱しない生卵は吸収率が悪く、消化不良を引き起こします。

胃の中で黄身と白身が合体すると消化しにくい成分になります。ですが加熱処理すると白身が固まって、黄身とくっつく事はなくなるので消化がよくなると言われています。

なので生卵よりは卵焼き・目玉焼きの方が消化されやすいのです。

 

2つ目は『卵白不耐症』です。不耐症はアレルギーとは別物で、卵白を分解する「酵素」が足りない為消化が出来ずお腹を壊します。先程の牛乳と同じような原因です。

胃が弱い人はこの「酵素」が足りない・働かないことが起きるのでお腹を壊しやすいのです。私は1つ目の消化よりどちらかというとこちらですね。

 

ここですき焼きは『黄身だけ』を使っているのを思い出しました。卵白は使っていないので、私の場合その生卵は大丈夫だったのです。

 この前インスタント食品に使った卵はそのまま黄身も白身も含まれていたのでそれが原因のようです。

 

 

ここまで読んでくださって有難うございました!それぞれ違う原因ですが、なんにせよ細心の注意を払って美味しく摂取していきたいですね!