青天井と対面式

自称マイナーな人生・趣向で生きてきたブログ。現在デザイン各種調整中!

20180122192050

ニコ動で『中二病でも恋がしたい!12話一挙放送』を見たよ!

live.nicovideo.jp

「爆ぜろリアル!弾けろシナプス!バニッシュメント・ディス・ワールド!」

 

 ククク・・・そう、芝柳 薫とは仮の名・・・。そう、現世にて明かす必要はないと思っていたがバレては仕方がない・・・。我が名は『犬族暗殺部隊隊長・邪犬心 達』であr

んな訳ないです!!ふざけて昔のオリキャラの名前引っ張り出しました、芝柳薫ですっ!! 

 

京都アニメーション制作の『中二病でも恋がしたい!』12話を見てきました。元から興味があって昔3~4話まで見た覚えはあったんですが、何年も前だった為すっかり忘れてました。

一挙放送は良い機会だったので全部見て良かったです!いやあ、ニコ生の一挙は本当に有難いですねぇ。 

 

ジャンルは学園・恋愛・中二病・青春といった王道を往く感じですかね。ほのぼの展開もありますが中二病の小鳥遊六花と、主人公の元中二病・富樫勇太との出会いから始まります。

あまり恋愛ものは見たり見なかったりなんですが『中二病』というワードに惹かれて見たかったんです。そう、かくいう私もでね・・・。

物語はOPの水着回辺りが肝ですね・・・。そして勇太の周りは一色という男友達を除けば全員女の子ですが、その割には勇太が六花にだけ恋愛展開になるのがとても好印象です。ハーレムものと見せかけて、ってやつですな。

 

 ※ここから先はアニメ12話分のネタバレ込みの感想になります↓

中二病について 

f:id:shibayanagi:20180108132448j:plain

この電車の前でドヤ顔してる子がメインヒロインの小鳥遊 六花(たかなし りっか)ちゃんです。可愛い!!!見た目ド直球好みですッッ!!!

高校一年生なのに中学の時患った中二病が治らず、高校でも痛々しい行動を取っています。そして痛々しい部活まで設立してしまいます。よく認められたよなぁ・・・。

ちなみに中二病とは、『形成されていく自意識と、夢見がちな幼児性が混ざり合い、中学頃に発症してしまう病』のこと。『オカルト系に思いっきりハマってみたり、見えないものを「視える・・・」と言い出したりする可笑しくも愛おしい病』です。

どうでもいい話↓

あーもう私中学の頃思いっきりBLEACHにのめり込んでいた為に柄のないホウキを「鬼灯丸!!(斑目一角の斬魄刀)」だと言って廃棄寸前になっても必死に欲しがったり、高校生になってもBLEACHまだ好きだったので「視える・・・破面(アランカル)が視える!!あそこに空間が!!」と言って何もない空を指差したりで嗚呼あの時友達や先生方には本っっっ当面倒くさい事に巻き込んだなぁとつくづく思うんですがああ恥ずかしいこの話止めましょう!!!

 えー・・・今は創作のヒントになるという意味でも好きですがなかなか中二病ってのは楽しいけれどあとになると痛々しくて後悔する事が多いです・・・そういう病です。深刻だ・・・。  

CV:内田真礼さん。どこかで聞いた事ある・・・っていうか似てるなと思ったらまんまアイマスシンデレラの神崎蘭子じゃないですか。彼女も中二病(っぽい)のでキャラ的には六花ちゃんと似てますね。蘭子も好きですよ!!

 

f:id:shibayanagi:20180108134037j:plain闇に飲まれよ!』

 話を戻しますと、六花は高校生になる頃に勇太の上の階に引っ越してきます。そして中二病を卒業しようとしていた勇太(ダームフレイムマスター)と接触する事で物語が始まります。

他にも同じ中二病を患う一学年下の凸守早苗・勇太と同じく中二病の過去を捨てようと奮闘する丹生谷森夏(モリサマー)・寝ること大好き一つ上の先輩五月七日くみん・六花とは正反対の怒ると怖い小鳥遊十花

などなど個性的なキャラ勢揃いデス!!六花ちゃんが一番好きですがその次は断然凸守が好きデス!!頭良いし、髪型好きだし、美少女だし、キャラ完璧なのデス!!  

f:id:shibayanagi:20180108143509j:plain

 

小鳥遊六花の可愛さと、真の姿

まず見た目通り彼女痛々しいです。「バニッシュメント・ディス・ワールド!!」と唱えると途端に入る壮大な戦闘シーン(イメージ)。

そのカラコン入れてる眼帯の下の金目が眩しいッツ!!!そこが好きッッ!!!

途端に勇太にツッコまれてぶたれてる時の「あう、あう、あう!」が可愛すぎて・・・。あとニコ生でまさかのエンドカード付きだったのですがその彼女もまた良い。小さくなった彼女もやはり可愛い。ちょっと迂闊だったりどこか隙がある所が良いんだなぁ、これが!!

 

わりと中二病である事以外は普通のほのぼのかな?早くキスしてあげろよと思っていましたが5~6話辺りから雰囲気がちょっと変わります。

六花が中二病になった理由は、受け入れられない父親の突然の死。そしてその事を母親から隠されていた為でした。まさかの重い設定に驚きました・・・。

親に従うしかなく、大好きな父親が死んだという実感もないまま過ごそうとしていた所たまたま中二病で痛い行動を取っていた勇太に気付いたんです。

そこで彼女は救われていて、勇太の上の階に引っ越して来てようやく接触出来たと。彼女はずっと勇太の事を待っていたんですね・・・。ってのが11話~12話で判明してちょっと泣きました。ダームフレイムマスターに導かれて、不可視境界線にやって来たのは本当良かった・・・まさかの感動食らいましたね。

中二病で泣くとはね・・・ふっ、迂闊だった・・・。普通の中二病じゃない状態の六花は可愛いですけど違和感しかなかったので戻って良かったです・・・。ゆーたとお幸せに!

 

余談の丸型形術式

f:id:shibayanagi:20180108141610j:plain

・・・・全く本編と関係ないんですが、見てる間にレシートで作っちゃいました。何なんですかねこれ。私にも分かりません。

でも中二病じゃあないかも知れませんがこういう事したくなっちゃったんです・・・。なんか、小物を作りたい欲求といいますか・・・。つい。

 

12話見終わって・・・?

恋愛ものだからか語る事はこれぐらいなんですが、このあと続編である『中二病でも恋がしたい!戀』の一挙も見るのでまだNext ...って感じです。上手くいけば今日中に感想上げられるかも!

とりあえずとしてはその後の勇太&六花ちゃんに期待。モリサマーの中二病状態がもうちょい見たい。

凸守、君はそのままでいて。くみん先輩無理しないで寝てて。一色、どうでもいいがなんか頑張れ。

と言った感じです。六花ちゃんの家族状態とかどうなったんでしょうか?あと新キャラ出てるらしいのでそれもどんな子なんでしょう?今から見てきます!!

 

ここまで読んでくださり有難うございました!!また不可視境界線の彼方でお会いしましょうっ!!

 

続編の戀はこちら↓

www.shibakao.net