青天井と対面式

自称マイナーな人生・趣味・性癖で生きてきたブログ。現在デザイン各種調整中!

中学校の頃(趣味編)~絵を無理して描いていたあの頃~

ここからは中学校に入って趣味の考え方が変わったり、ただ描くだけじゃいけないという意識を持ち始めた頃の話をしたいと思います。

 

学校生活や家庭事情編はこちら↓

shibayanagi.hatenadiary.com

 

 学校生活編でもお話しましたが、私は普通の教室には通っていませんでした。

不登校になったり、なりかけの子が通える特殊な教室にいました。

 

けれど昼休憩とかに友達がたまに教室に顔を出して、授業来ない?とか元気?とかよく訪ねてくれました。その友達というのは、小学校の頃からの友人+美術部の友人です。

社会人になった今でも交流している子は何人かいます。本当に大切な友達です。

 

小学校から絵を描くのが好きで、自由帳を新しいのを買っては描いて、買っては描いてしていました。

好きな漫画の模写・好きなキャラ・オリジナルキャラを描いてました。まあ小学生なんで手はドラえもんのグーばっかでしたけどね(笑)

その時もマンガクラブみたいな所に入ってて飼ってたハムスターの漫画とか描いてました。わりと自由に、ですね。

 

ここから本題ですが、中学校に入って美術部の友人の影響で週刊少年ジャンプを読むようになります。

私の美術部では当時BLEACH空前絶後の大流行してましてよく友達と語り合ったものです・・・懐かしい。

そこでまた漫画の模写やキャラを描いては皆に見せていたのですが反応はいまいちでした。

 

元々模写にこだわる必要はなかったはずなんですが原作の絵に近づけた方が皆喜ぶ、皆褒めてくれると気付いたからです。

ネット上だってそう。なんだって原作に近い、本物らしい絵の方が評価されやすいんです。

 

一時、部員達で交換日記をしていた時があったのですがそこで好きなキャラを描いたり、好きなシーンを描いたりしたのですが

「う~ん、こっちは良いね。こっちは。」

と一部原作に近い方しか評価を貰えず上手く模写出来なかった方は微妙と言われました。正直ショックでした。

だから闇雲にトレーシングペーパーを使ってみたり、好きなキャラをひたすら描き続けたりしました。

 

オリキャラの方も続けて描いていましたがこれもまた反応が薄かったです。それだけ魅力のあるキャラが描けていないのか、面白い要素がなかったのか。

たま~にアドバイスを貰ったりはしていましたがすぐに好きな漫画の話に戻ってましたからね。

 

 

・・・・美術部には一人、絵の上手な子(Yさん)がいました。私の憧れというかライバルでした(私が勝手にそう思ってるだけ)。

Yさんは特に模写をしていた訳ではなく自分の絵柄で好きに描いてました。たしかに原作とは似ていないですが、周りからはよく注目されてましたし、センスもありました。

 

『Yさんに勝つには。Yさんより注目されるには模写をするしかない。私が原作に近付かなければいけない。』無意識にそう思うようになっていました。

けれど結果は空回りするばかりで、いつまで経っても私は上手く出来ずに中途半端な絵ばかり残りました。

美術部では歴代の先輩達が描いた絵は保存してあるらしいのですが正直私の絵は処分してほしいと思ってます・・・。記録は確かですがあんな無理して描いた時の絵なんて後輩達に見られたくはないですから・・・。

 

だから部長にYさんが選ばれた時は凄く悔しかったです。

授業も休みがちで、部活で特に功績も残してない私が選ばれるはずなかったんですが当時は本当に悔しくて。私はこの前後から自分の絵は下手だと思い込むようになりました。

 

記憶にあるのは中学3年の頃。自分の中で好きなキャラをカッコ良く並べて描けた自信作がありました。色も丁寧に塗ったし、配置も表情も良い感じ。変わらず模写ではありましたがそれでも良いと思えたんです。

けれど友達に見せたらこれもまた微妙だと言われました。友達は私に「微妙」と言いまくった事を覚えてないようなのですが私はハッキリ覚えています。何故ならショックだったからです。

どれだけ描いても似ていないのは分かってます。けれど自信作を微妙と言われるのはやはり傷付きます。

だから上手く描けたはずのその絵は今私の手元にありません。という事は捨ててしまったんでしょうね・・・。苦い思い出です・・・。

 

f:id:shibayanagi:20180116165600p:plain

 

恐らくこの時の絵が一番無理して背伸びしようとした頃ですから絵は下手です。

楽しんで描いてる絵もあるはずなんですが、力を入れれば入れる程評価ばかり気にした絵になります。

一番見たくない頃ですね・・・。小学生の時がいかに伸び伸びと描いていたかよく分かります・・・。

 

と言った感じで中学校の頃(趣味編)はこんな所です。ショックな出来事が多かった時期ですが今こうして振り返れるのは時が解決したから。

そして振り返る事に意味があるから。だと思います。

 

 

ここまで読んでくださり、有難うございました。

次の高校編はこちら 

shibayanagi.hatenadiary.com