青天井と対面式

自称マイナーな人生・趣味・性癖で生きてきたブログ。現在デザイン各種調整中!

【私が惚れた二次元履歴】ドラゴンボールZ・ベジータ

 どうもこんにちは、芝柳 薫です。ここでは私が歴代どんな二次元キャラに心奪われていったか、を語る記事です。記念すべき一人目はこちら!!

f:id:shibayanagi:20171201142031j:plain

 

ドラゴンボールZのベジータです!

私が小学校の頃の初恋の相手であり、人生をビッグバンアタックされたとんでもない男です(笑)

初恋の相手故に色々起きまして文章が長いです。熱量が凄いです。なので心してお読み下さい。

 

 ビッグバンアタックとは・・・セル編にて登場したベジータの必殺技

 

 

目次

 

小学校の頃ケーブルテレビ(有料放送)で見たのが最初で、確かその時はフリーザ編でした。

ベジータの初登場は本来サイヤ人編というもう一つ前のお話なのですが、あとでサイヤ人編を見て一度ベジータを大嫌いになってた時期があるので多分フリーザ編からです。

 

どんなキャラなの? 

 ベジータは戦闘民族サイヤ人の王子で宇宙人です。地球の人じゃありません。生まれた頃から惑星ベジータという星の王子として育った為戦いにとても誇りを持っています。

王子なので性格は根っからの俺様です。常に上から目線だったり、プライドが高かったりで「このサイヤ人の王子ベジータ様が~」と自分で言ってます。

なかなかキャラが濃いですね(笑)

物語の中で、サイヤ人の中の下級戦士だと判明した主人公・孫悟空の元に悪役としてやって来ます。悟空の事をサイヤ人の名前で「カカロット」と呼んで決して地球での名前「悟空」とは呼びません。

そこはずっと変わらずですね。悟空と死闘を繰り広げている永遠のライバルです。

 

悟空に負けて屈辱を受けたベジータは(いつか下級戦士のカカロットに勝ってやる。この超エリートの俺様が出来ないはずがない!!)と悟空を追いかけるようになります。

遺伝子レベルでずっとです。ドラゴンボールGTというアニメオリジナルの最後、悟空とベジータの子孫が戦っている姿があるのでず~~~っと追いかけてますね。

 

なんで好きになったの?

ベジータはサイヤ人の王子でとてもプライドが高いです。私が最初に見たフリーザ編というのは特にベジータの誇りが垣間見える話です。

 

悪役なので汚い手を使ったり、ずる賢い手でドラゴンボール(7つ集めると願いが叶う)を奪って不老不死になろうとします。

けれどそこまで強さにこだわるのも、かつて宇宙を統べる帝王フリーザによってサイヤ人を根絶やしにされた過去・サイヤ人の王子としての誇りがあるからです

惑星そのものを破壊された事より、サイヤ人のどこまでも強くなる素質を恐れたフリーザに民族ごと消される。ベジータはその中の運良く生き残った一人でした。

サイヤ人を圧倒的力で踏みにじられ、誇りを汚された恨みがずっと彼の中にあって、その為に手段を選ばなかったのです。

 

そんな中フリーザに挑もうとするのですが、不老不死になれた訳ではなかった為フリーザに殺されてしまいます。

その死ぬ間際初めて下級戦士の悟空に本音を言い、「俺はただ悔しかったんだ・・・!フリーザを倒して、く・・・れ・・・」と言い死んでしまいます。

そんな彼の強さ・誇り・プライド。誰よりもサイヤ人らしく貫き通した信念が私は好きだったんです。

 

まあ結局その後ドラゴンボールで生き返るんですけどね。

 

人生をビッグバンアタックって何?

 詳しくはこちらの記事を読んでもらえれば分かるのですが・・・

 

厳密に言うとベジータは悪くないです。はい。

悪くないんですけど彼は私の人生を変えたという意味です。

小学校の時。私はベジータに恋をしていました。

性格は俺様で意地っ張りの強情ですがカッコ良いですもの。彼。多分この記事を読まれている方もベジータが好き!という方けっこう多いと思います。

 

故に大事件が起こります。

フリーザ編が終わったセル編での出来事ですが、ベジータに子供が出来ていた事が判明したからです。

相手はブルマという女性なのですが、正直者で思った事はズバっと言う悟空の幼馴染みたいな存在です。

ドラゴンボールで生き返って、地球で孤独に過ごしていたのをなんだか見捨てられなかったブルマ。

ベジータも地球にいたかった訳ではなく宇宙船が出来るまでの間だけ地球にいました。そんな二人はのちのちトランクス・ブラという二人の子宝に恵まれます。

 

ですがそれを知った当時小学生の私には

初恋の人を奪った泥棒猫にしか見えなかったんです。

「おのれブルマめ!!よくも私のベジータ様を・・・一生呪ってやる!!」といった感じです(笑)

 

というのも私この時から文章を書くのが大好きでして、気がついたら自分の作ったキャラとベジータの恋愛小説をノートに書いていました。(しかも黒歴史な事に友達に見せてました)

そういう産物を夢小説と呼ぶのを知ったのはまだ先の話です・・・。

こういった自分の作ったキャラと既存キャラ。もしくは自分と既存キャラクターの恋愛を楽しむ女子の事を夢女子と呼びます。

小学生の時点で自然と目覚めていました。

 

冒頭で書いたベジータを一度大嫌いになったのは、再放送でサイヤ人編からの悪役っぷり(仲間を容赦なく殺すしナメック星人もバッタバッタ殺す)を見て、更にブルマの存在とくれば「もう知らない!ベジータなんて嫌いっ!」と拗ねたからです。

 

・・・まあ再放送を重ねて結局また好きになったんですけど。

 

私の人生へビッグバンアタックその2・性癖編

 「まだあるのかよ!!」と思われるかも知れませんがこれで終わりません。

ここは洗いざらいキャラへの思った事を書き記す場ですし、彼が私を狂わせていった出来事はまだまだあるからです。

 

彼が私に与えた影響というのは多大なものがありまして・・・。その一つが性癖です。

言い方はいやらしいですが要するにこれから好きになるキャラに影響しまくったという意味です。

 

ベジータの良さは戦闘にあります。なので彼は凄くガタイがいいです。筋肉ムキムキです。首も太いですし、胸筋もあります。首の下から足の先までまあ太いです。

だから彼の上半身裸のトレーニングシーンは嬉し恥ずかしでキャッキャしながら見てました。

 

女・男に限らず恋をして別れ、他の異性に巡り合った時考えるのは二パターンあります。①昔好きだった人に似てる。②昔好きだった人とは正反対。

 

私の場合パターン①です。そう。

 

私がこれから好きになるキャラ全部が首が太いとかどっか腹筋が割れてるキャラになってしまったんです!!!((涙

 

これはとっっっても重大な事です。何故か申しますと、このせいで周りと好きなキャラが全然一致しないからです。

よくテレビや雑誌でイケメンと呼ばれるキャラの首が細かったり、体のラインがゴツくない場合どうも好きになれないんです・・・。

これは完全に初恋がベジータだったからだと思います。

 

私が中学に入ってから今まで惚れたキャラ(一部抜粋)を載せておきますね↓

 

f:id:shibayanagi:20171201182318j:plain

BLEACH・更木剣八

f:id:shibayanagi:20171201183537j:plain

北斗の拳・ラオウ

f:id:shibayanagi:20171201183832j:plain

トリコ・ゼブラ

f:id:shibayanagi:20171201184002j:plain

グラップラー刃牙・花山薫

 

見て下さいこの体つき!!?全員凄くないですか!!?(興奮気味)

 

 ・・・・なんだか気がついたらこんな男ばかり好きになっていたんです。たまりませんねぇ。

皆カッコ良いです、ずっと眺めていられます!!!

 

ベジータの罪深さはすごいもので、これから好きになるキャラの基準を作り上げた張本人です。その私なりの基準がこちら↓

  • 体つきが良い(筋肉がある)
  • 黒髪
  • 髪がツンツンしてる(または尖っている)
  • 命を賭けた戦いをしている(時に死んでしまう)
  • 目つきが鋭い

 

絶っっっっ対これ全部ベジータのせいです(結論)

これから好きになるキャラの8~9割これのどこかに該当しています。

そんなだから変わった子扱いされるんですよ!!だからアニメイト行っても買うものがないんです

これから紹介するであろうキャラは大半この基準に当てはまります。その都度また紹介しますね。ぜひ皆さんにも興味を持ってほしいですからっっ!!

 

私の人生へビッグバンアタックその3・腐女子編

 ラストになりましたがもう一つだけ、彼は私の人生に影響を与えてしまいました。正直書こうかどうしようか迷ったけれど勇気を出して書きますね・・・。

 

それは何かと言いますと、小学校当時。私はちょっと珍しくノートパソコンを持ってました。

そんな中ドラゴンボールの事を調べたりするのも当たり前。フラッシュサイトのベジータがブサイクで近寄らなかったのも今となっては良い思い出です。

 当時は今のようにpixivやニコニコ動画といった掲載サイトがなかった為ドラゴンボールの人気サイトランキング~みたいなので検索してました。

 

・・・ある日、とある個人のイラストサイトに辿り着いた時の事。

そこには悟空とベジータが並んでる(仲良くしている?)画像がいっぱいありました。

「へえ~」と当時の私は新鮮な気持ちで見ていました。

 

そこが触れてはいけない世界だと知らずに・・・。

 

勘の鋭い方ならもう何が言いたいかお分かりだと思いますが・・・。私が立ち寄ったサイト、それは

 

悟空のベジータのBL(ボーイズラブ)が載せられていました。そんな世界を知ってしまったんです。

そう、腐女子への目覚めです。

 

腐女子とは、男性同士の恋愛が好きな女性の総称です。

 

あろうことか私は業の深い事に夢女子腐女子をベジータで知ってしまいした。

どっちもベジータは悪くないんです。悪くないんですけど自然に。

どちらもしぜ~んにこういう世界へ足を踏み入れていたんです!!!不可抗力ってやつです!!実質ノーカウントでは

 

好奇心旺盛な性格だからなのかどちらも普通に受け入れてました。不思議とBLを見ても嫌悪感はなかったです。

中には気持ち悪い、無理!と思う方もいると思いますが、それならそれで良いです。今の世の中は広いです。

だからこんな私みたいな人間がいるのも分かってほしいです。こうして自然と拗らせてった人もいるんだ・・・ってね。

 

 

何度も言いますがベジータは悪くないです。

 

 

・・・多分。

 

今のベジータについて

 2017年の末現在、ドラゴンボール超という新しいドラゴンボールの物語が放送中・連載中です。小学校の時には考えられませんでした。

あの時はグッズが少なかったですし、探してもなかなかカードやフィギュアも見つかりませんでしたから。あの時の自分に教えたらさぞ喜ぶだろうなあ・・・。

でも正直今のベジータはあまり好きではありません。熱が冷めたから?と思われるかも知れませんが少し違います。

 

ドラゴンボールは『ドラゴンボールZ 神と神』という映画をキッカケに新しくも懐かしい形で復活しました。けれどそこでのベジータはファンに衝撃を与える内容でした。

 

f:id:shibayanagi:20171201222814j:plain

 

・・・なんとあの誇り高いプライドの塊なベジータが笑顔でビンゴダンスを踊っているではありませんか・・・!?

 

スクリーンで観たあの時の衝撃は忘れられません。

まあその時の理由がプライドを捨ててまで破壊神ビルスから家族を守りたかった、という理由なんでギリッギリ許せましたが・・・。

時が経つにつれ私のブルマへの憎しみは消え、微妙に複雑な気持ちはあるもののあれはあれでベジータの判断なら、と思ったんです。

 

けれどドラゴンボール超が始まってからの彼は酷いです・・・。すっかり地球人色に染まってしまったベジータは家族想いのツンデレパパになってました。

  • キスを知らない悟空に「・・・した事ないのか?」「結婚しているじゃないか!?」と言ったり
  • 娘のブラが生まれた時おむつを素早く取り替えたり
  • アラレちゃんと対決した時に(この戦い方、さてはギャグ漫画のキャラだな!?)→あ、ユーフォー!!隙あり!!という戦い方をしたり

とやったり散々です。

 

私が惚れたのは誇り高いサイヤ人の王子ベジータであって、決してこんな彼ではありません!!

今この場を借りて申し上げたいっ!!!

 

前からその気配はなくもなかったんですが、あまりにもギャグキャラとして誇張されすぎているというか・・・。

というかセル編の時に息子のトランクスの世話せずにトレーニングしてたんじゃなかったんかい!何で取り替え方知ってるんだ!!と言わざるおえません。

 

キャラソンがお好み焼をノリノリで作る曲だったり、「まるでサイヤ人のバーゲンセールだな・・・」という名言を残したりしてきたZの頃の過去もありますがそれ以上に見てられません。

戦いのところはあいかわらずっぽいのでそこは見れるんですけどねー・・・物語的にも今は蛇足で見てます。そういう意味では熱が冷めたと言えるでしょう。

 

 

すっかり長くなってしまいましたが、これが私の人生を変えたドラゴンボールZのベジータです。

皆さんもここまで長く読んでくださった方有難うございました!!これで興味を持って頂けたら幸いです!!以上、芝柳 薫でしたっ!!